トップページ > おきなわの木 > > フカノキ

フカノキ

■種名
【和名(学名)】 フカノキ
Schefflera octophylla Harms
【別名】

【方言名】 アサグラー、トゥージンキ

■属名 フカノキ属

■科名 ウコギ科

■分布地 九州南部、台湾、南中国、インドシナ,フィリッピン
各地の低地~山地に自生する。

■形態・特徴 中高木。樹皮は紫色を帯びた黒灰色。葉は長柄を有する掌状複葉、小葉は6~8個、楕円形、長さは15~20cm。花は緑白色、4~5mmで9~11月に咲く。実は球形で径3~4mm、3~5月に黒褐色に熟する。

■材質 心材,辺材ともに灰色を帯びた白色~黄灰色
やや軽軟であるが反りが少なく工作が容易

■用途 下級用材、器具材、下駄材にする。
ヒラタケ、キクラゲの榾木に適する。

■特記事項 台湾では庭園樹に用いられている。
根皮、茎皮は薬用になるという

(出典) 琉球列島有用植物誌

森林総合研究所木材データベース

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です