トップページ > 売りたい > 小木工 > インテリア品 > ゆらりら工房

ゆらりら工房

今回は沖縄市産業まつりに出店する ゆらりら工房 さんのご紹介です

沖縄南インター出口から国道330号線向けに続く大きな坂をまっすぐ登って、左に曲がると、古い町並みの中に木材が立てかけてある建物が目につきます。所狭しと並んだ木材の間からヒョコッと現れたのが金城さん。2階のギャラリースペースに案内され、産業まつりに出品予定の作品を見せていただきました。

1階の工房は渡久地政幸さん主催の「アランフェス工房」と、今回ご紹介する金城久美子さん主催の「ゆらりら工房」で共用しています。また2階はギャラリー兼カフェになっていて、カフェタイム(17:00~)にはコーヒーを飲みながら、両工房で作られた椅子やテーブルの使い心地を体験することができます。

ゆらりら工房の金城さんは主に、食器や収納箱など、小物を中心に制作しているそうです。異なる樹種を組み合わせてアクセントをつけたお弁当箱は、木のもつ独特な柔らかさに加え力強い自己主張をも感じますね。

ひとつひとつ作品に目をこらせば、それぞれに色々な工夫が凝らしてあり、他に無い、手作りならではのオリジナリティが光ります。濃淡のコントラストが作品の個性となり、組み合わせがいっそう際立って見えますね。それだけでも1つの作品に対する強いこだわりを感じます。

そんなゆらりら工房さんの作品は今週末1/24(土)・1/25(日)開催の第38回沖縄市産業まつりで見ることができます。実際にその手にとって、木のぬくもりに触れてみてください。

 

 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`livedoor` not found]

事業者名
品目
素材
径(cm) 幅(cm)
厚み(cm) 長さ(cm)
乾燥(含水率) 量(m3/枚/本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です