トップページ > お知らせ > 新たな樹木医の誕生!!

新たな樹木医の誕生!!

2016年12月20日(火)

沖縄県庁環境部にて樹木医認定授与式が執り行われました。

沖縄北部森林組合の吉元 充さんが25歳という若さで樹木医の資格を取得されました。

そもそも樹木医とは・・・

樹木の調査・研究、診断・治療などを通して、樹木の保護・育成・管理や、落枝や倒木などによる人的・物損被害の抑制、後継樹の育成、樹木に関する知識の普及・指導などを行う専門家のことです。全国では2,562人、沖縄県では28人の樹木医がいます。(一般財団法人日本緑化センター)

やんばるが国立公園に指定され、これからも沖縄のみどりを守っていくために樹木医の存在は貴重であり、今後の活躍に期待します!!

web%e7%94%a8

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア
[`livedoor` not found]

新たな樹木医の誕生!!” への1件のコメント

  1. 30年前に新築記念にヤンバルから貰った「つつじ」にナンチャビが根っ子から枝まで巻きちいてつつじの葉の色が黒ずんでいます。ナンチャビは根っ子を切って枯れていますが、幹には毛細根のような細いのが巻き付いています。つつじは大丈夫でしょうか?また、対処法はあるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です